能登ふるさと博の魅力

能登丼をどうぞ!

能登丼をどうぞ!

能登空港で目にした幟やポスターに、“能登丼”とあったのを印象的に覚えています。
海の幸に恵まれた能登ならではのグルメなのだと感じたのですが、
その丼の中身が、微妙に違っていることにも興味をそそられるものがありました。

 

果たして“能登丼”とは…

 

石川県奥能登地区の2市2町、
輪島市、珠洲市、穴水町、能登町の店舗が提供する、
旬の魚介類や肉類、野菜などの食材や、食器、箸にいたるまで、
トコトン能登にこだわった丼のことでした。

 

奥能登産のコシヒカリ米と水を使用し、
メイン食材としては、地場でとれた旬の魚介類、能登で育まれた肉類や野菜、
あるいは、地元産の伝統保存食を使用すること、

 

食器や箸も能登産のものを使用し、箸はプレゼントされること、

 

調理法に至っても、長寿、ヘルシーにこだわり、
塩分や動物性油を控えめにすることや、
奥能登らしさや、各店舗のオリジナリティーを出すこと、
奥能登地域内の調理に限定するなど、

 

能登ブランドを徹底した丼のことでした。

 

 

旬の魚介を売りにした丼や寿司を提供するお店が多いのですが、
変わり種を紹介すると、

 

ご主人が捕った穴子を丸ごと乗せる穴子丼。

 

山海の幸全てを食べ尽くしたという伝説に登場する猿鬼にちなんで丼名をつけたもの。

 

能登牛や能登豚を使用した肉系の丼。

 

宇出港では、伝統食である“鯨”を竜田揚げにして乗せたもの。

 

各店舗が自慢とする味噌や醤油を使用したもの。

 

トッピングに温泉卵を使用する店も多いです。

 

景色まで取り入れる所もあります。
垂水の滝や、『波の花』、さかさ滝や、海に沈む夕日等を眺めながら食事をすることができます。

 

珠洲特産の『大浜大豆』の豆腐と厚揚げを使用した丼。

 

茅葺の民家を利用した、趣満点の店。

 

珠洲産の黄金岩牡蠣を、客自らが石盤で焼いて丼に移し、香りや音までごちそうとして楽しめるもの。

 

イカの内臓を使って作る『ナメナメ』と、いしるの割醤油を使用したもの。

 

店主が山から調達してくるキノコや、タイミングがあえば“雉丼”も味わえるお店。

 

柳田地区の希少な米『こりゃまいじゃ』を提供する店。

 

などなど、
選ぶのに困ってしまいますね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ