能登ふるさと博の魅力

能登の海の幸

能登の海の幸

石川県の大部分を占める能登半島。
三方を日本海に囲まれた地理的条件の恩恵を受けて、
海の幸に恵まれた環境であることに疑いの余地はありません。

 

年に二回、夏と冬に開催される“能登ふるさと博”でも、
海の幸を中心としたグルメを多数、楽しむことができます。

 

特に冬場は、旬を迎える魚介に沢山出会えます。

 

 

能登の正月の主役は、鯛より鰤です。
12月から翌年2月にかけてが、『のと寒ぶり』のシーズンだからです。
鰤の刺身を鰤子をまぶして頂く食べ方は、新鮮さの証しと言えるでしょう。

 

極寒の日本海で育ち、暖流から寒流の流れに乗って
身が引き締まり、脂が乗り切った状態の“寒ぶり”は、
ちょうど食べ頃の時期に、能登の沿岸で捕獲されます。
栄養豊富な小魚を食べて、丸々と太った鰤を、
この時期に賞味しないテはありません。

 

 

日本海の秋から冬にかけての味覚の王様は“カニ”です。
11月上旬には蟹漁が解禁され、金沢の市場が賑わい、
輪島でも“蟹まつり”が開催されます。
能登、金沢、橋立など石川県内で水揚げされたズワイガニを『加納カニ』と呼びます。
加賀の“加”と能登の“能”にちなんでいるということです。
日本海で育った加納蟹は、引き締まった蟹身の旨みと濃厚なミソの甘みが絶品です。

 

 

石川の海老と言えば、“甘海老”です。
暖流と寒流が激しくぶつかり合う北陸の海に育まれた甘海老を、
厳しい寒さの1月から春ごろにかけて、
伝統的な“えび篭漁”によって水揚げしたものを『能登とき海老』といいます。
秋から冬の、タップリと卵を抱えた時期は、特に甘みが強くなります。
蛯子もろ共食べるのが通であり、頭部分は出汁に使えます。
少し時間をおくと、トロッとした食感になり甘みが増すので、食べ比べてみるのも一興です。

 

 

七尾湾や穴水湾で養殖されている“能登牡蠣”も外せません。
1月から3月にかけて、
臭みがなく、甘くて濃厚な味わいを持つ牡蠣を、
炭火焼で焼くも良し、フライにしても良し、
南蛮漬けやら牡蠣握り寿司やら、各店舗自慢の牡蠣料理に舌鼓を打ってください。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ